強迫性障害ざきのブログ -見えるものと見えないもの-

強迫性障害の私が、しょーもないことを書きつづります。

マイブームの手帳

最近マイブームになりそうなのが、手帳と文房具です。

以前に認知行動療法を勉強していたときにかなりはまっていた時期があったのですが、めんどくさくなってしばらく放置してました。

それが最近メルカリでいい感じの手帳とボールペンを見つけて、忘れていたブームに火が点きつつあります。

f:id:cookiy:20190326110334j:image

ここ何日か、手帳の活用術を検索して読み漁ってます😅

お題「マイブーム」

カメラ

20代の時に一時期カメラにはまっていた時期がありました。

初めて買った一眼レフで、CanonのEOS630でした。

global.canon

その頃私は鉄道オタクになったばかりだったので、会社が休みになると一日中東京駅や上野駅に入り浸って電車の写真を撮っていました。京葉線、スーパーひたち、踊り子号、ブルートレイン寝台列車)などなど。近くに鉄道がない(廃止された)鹿児島のど田舎から出てきたばかりだったので、見るもの聞くもの何もかも珍しかったです。

のちに飛行機オタクに転じてからは、羽田空港に入り浸って飛行機の写真を撮ったり無線を聴いたりしてました。

懐かしい想い出です(^^)

お題「カメラ」

なんか

先の見通しがまったく立たない。

定職なしで自立できない。

もうじき歳は50になる。

40過ぎて初めてできた彼女はいるが

結婚できる見通しはない。

先人は、

ないものを数えるな、あるものに感謝せよ

と言ったそうな。

しかし、人と比べて、

ないものばかり数えてしまう。

先の見通しが明るかったことがあったろうか。

あったかもしれないし、なかった気もする。

感謝が足りないのだろう。

 

これを読んで下さった方に感謝。

 

RSSリーダー再び

こんにちは。

ずいぶん久しぶりにRSSリーダーをまた使い始めました。feedlyです。

 

ちょっと調べてみたらRSSってもうオワコンとか言われてるんですね。全然知らなかった。昔はかなりお世話になりました。ちょっと寂しい気がします。まぁ私もその存在すら忘れてたわけですが‥。今はSNSとかまとめサイトとかお手軽なものがいろいろありますもんね。

 

あらためて使ってみると、フィードの登録とかけっこう面倒だけどやっぱり便利でした。feedlyを使うの初めてなんですが、いじって遊んでます。

 

寝坊して、ルーチンが崩れた

今日も作業所に行く日でしたが、寝坊してしまいました。

 

というわけで、時間がなかったので、仕方なく家の中の確認した写真は撮らずに出ました。玄関の雨戸の写真だけは撮りましたが‥。確認した写真を全部撮ってから出かけるというルーチンが崩れてしまったので、延長コードのプラグをコンセントから抜いたかどうか、何時間か気になっていました。まぁ、確認はしたはずだから大丈夫だろうとは思ったのですが。

 

夕方帰ってきたら、やっぱりちゃんと抜いてあって、結局いつもの取り越し苦労でした。いつものルーチンが崩れてもなんとか我慢できるのはわかって、よかったのですが、寝坊はやっぱりいけませんね。

加害恐怖について

強迫性障害の症状のひとつに加害恐怖というものがあります。

私にも加害恐怖があります。

 

ocd-net.jp

これは、他人に危害を与えたのではないかという強迫観念です。私は普段の移動手段が主に自転車なのですが、自転車に乗っているときによく加害恐怖が出ます。誰かとすれ違うと「もしかして接触したりして怪我をさせたのではないか」とか、何かをタイヤで踏んだりしたら「人を踏んだんじゃないか」とかそういう観念が頭をよぎります。そんなときは、問題ないことを確かめるために引き返したりします。「そんな気がした」というだけで、実際には当たったり踏んだりしていないことはわかっています。いくらなんでもその場で気がつくはずですから。実際引き返してみて、当たったり踏んだりしていたことは一度もありません。それでも、なんとなく違和感が残るのでときどき引き返してしまいます。今は一時期よりは軽くなって、引き返すのは5回に1回ぐらいです。

 

今はほとんどなくなって、以前にはあった加害恐怖の観念としては、お店で買い物をしたときにレジの店員さんの首を締めたのではないか?というものです。

 

まったくバカげた話ですが、真剣に困ってました。

 

問題ないことを確かめるため、店を出てから5分くらいは外から店の中をじーっと観察していました。ストーカーか何かと間違われそうですね(笑)

 

それと今でも違和感があるのが、お店などの入り口の「手動のドア」です。これは「誰かを挟んだのではないか」という恐怖があります。自動ドアは平気です。

 

これも、店を出てからじーっとドアを見ていたりします。今でもそんなことをしてます。周りの人に通報されないかヒヤヒヤしながらです(笑)

 

この病気でない人には理解できないことですよね。

 

お読みいただきありがとうございました。